WEB予約
オンライン診療
MENU

アレルギー

Allergies

アレルギー|後楽園駅・春日駅の小児科・小児循環器内科 - 文京春日こどもクリニック

アレルギー

ALLERGIES

アレルギーとは、食べ物や花粉、ダニなどに対して過剰に免疫がはたらくことで、じんましんや鼻水、目のかゆみ、咳、息切れなどの様々な症状が起きる状態です。アナフィラキシーと呼ばれる重篤な状態が引き起こされることもあるため、注意が必要です。
近年、環境の変化により様々なアレルギー疾患が増えています。
アレルギー疾患においては単なる治療にとどまらず原因を明らかにすることも大切です。当院では血液検査によるアレルギーの検査を行います。検査の意義をお話し、必要に応じて検査と対応をしていきます。

次の症状がある方はご相談ください。

  • 気管支喘息
  • 食物アレルギー
  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー性鼻炎
  • 花粉症
  • 湿疹、じんましん
  • 口腔内のかゆみ
  • 薬物アレルギーなど

気管支喘息

気管支喘息とは、気管支(気道とも言います)の粘膜に慢性的に炎症が起きると、気管支の内腔が狭くなります。
気管支が様々な刺激に対して過敏になる結果、咳や痰、呼吸困難などの症状が急に起き、繰り返す病気です。
誘因・原因は様々ですが、小児では感冒が誘因になることが多く、特に乳幼児では発作の頻度が多く、症状の程度と頻度に応じた適切な治療と予防が重要となります。

食物アレルギー

食物アレルギーとは、特定の食品によって引き起こされるアレルギー反応です。
原因となる食物を口から体内に取り込む以外にも、食物が皮膚に付着したり、吸い込んだりして起きる場合もあります。原因となる食品には、鶏卵や牛乳、小麦などの他にも数多くのものがあります。食事療法が食物アレルギーの症状が出ないようにする治療の中心となります。食事療法の前提は、原因食物を用いないで調理する「アレルゲン除去食」ですが、その除去は必要最小限にすることが基本で、食べられる範囲までは食べることが重要です。また、消化管が未熟であるために起こった食物アレルギーは成長とともに、解消される場合も多くあります。ご両親ときちんと話し合いながら、検査・治療を行っていきます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、痒みのある湿疹が体や四肢の左右対称にできる慢性的な皮膚疾患で、良くなったり悪くなったりを繰り返します。
皮膚症状が、患者様の年齢によって変化するのも特徴的です。
アトピー性皮膚炎の原因は、まだはっきりとはわかっていませんが、遺伝的な体質に加え、食生活や環境的要因が影響して発症すると考えられています。
アトピー性皮膚炎の治療には外用治療と内服治療があります。アトピー性皮膚炎の診断には至らないまでも、乳幼児では皮膚のかさつきや繰り返す湿疹に困ることが多いと思います。お気軽にご相談ください。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは、花粉やダニなどが原因となり鼻粘膜に生じるアレルギー疾患です。
アレルギー性鼻炎には、ハウスダスト、ダニ、動物の毛などが原因の通年性アレルギー性鼻炎、花粉などの季節性アレルギー性鼻炎があります。
主に「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」の三大症状が引き起こされます。

花粉症

花粉症とは、植物の花粉が原因で生じる季節性アレルギー性疾患の総称です。患者数は小児においても年々増加傾向です。原因となる植物は、スギやヒノキ、イネ、ヨモギ、カモガヤ、ブタクサ、シラカンバなどです。
花粉は植物の種類によって飛散時期が異なります。また、気象条件によって飛散時期や飛散量に変動があり、地域差もあります。
花粉は鼻や目から体に取り込まれると免疫機構によって異物として認識され、これらの物質が神経や血管を刺激することで、花粉症を発症します。
花粉症の主な症状は「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」ですが、年齢、花粉飛散量、曝露時間などによって様々な症状があります。
頭痛、鼻の痒みが起きることもあれば、花粉が目に入ると結膜でもアレルギー反応が生じることもあり、「目の痒み」「充血」「涙が出る」といった症状もあります。

蕁麻疹(じんましん)

蕁麻疹とは、皮膚の一部に膨疹(ぼうしん)と呼ばれる少し膨らんだ発疹が引き起こされる症状です。
原因の特定できない特発性が多いですが、食物やストレスをきっかけに発症するものもあります。急激に発症する膨疹が特徴で、1cmほどの大きさのものから地図状に広く広がることもあります。蕁麻疹の膨疹は非常に強いかゆみを伴い、数時間のうちに体の至る所に広がり、その後跡形もなく消失します。多くの場合、数時間で個疹は消失します。
症状は数日中に軽快する場合が多いですが、なかには慢性的に経過することもあります。蕁麻疹は、アナフィラキシーショックと呼ばれる重篤(非常に重い)なアレルギー反応として現れることもあります。
命に関わることがあるため、早急に受診して迅速な対応が求められます。

アレルギーの治療

MEDICAL

環境整備や食物アレルギーでは食事療法による予防が基本となります。アレルギーでは、原因となる物質を特定し、日常生活においてそれらを避けるような努力が必要です。
症状の程度に応じてアドレナリンやヒスタミンH1受容体拮抗薬(抗ヒスタミン薬)や副腎皮質ステロイド薬などが用いられます。当院ではスギ花粉やダニに対する舌下免疫療法を行っております。

スギ花粉の舌下免疫療法

人体には細菌やウイルスといった外敵が体内に入り込んだ際、それら外敵から体を守るために免疫という機能が備わっています。
ところが、そのために働くはずの免疫機能が、何でもないアレルゲン物質を外敵と勘違いして起きるのが一般的に言われているアレルギー反応です。
つまり、この免疫機能の勘違いを正す治療方法がアレルゲン免疫療法なのです。治療の原理として、免疫機能が外敵と判断しないくらいに微量のアレルゲン物質を体内に取り入れていきます。
それを少しずつ増して、徐々に慣らすように取り入れることによってアレルギーの発生をおさえます。
※この治療は、指定認可を受けた医師のみ実施できます。当院院長は指定認可医師です。

ダニアレルギーの舌下免疫療法

ダニ(ハウスダスト)アレルギーの治療法の一つに、アレルゲン免疫療法があります。
アレルゲン免疫療法は、以前は皮下に注射する皮下免疫療法しかありませんでしたが、近年、舌の下に治療薬を滴下する「舌下免疫療法」が登場しました。
ダニを含むエキス(治療薬)の量を少量から始めて徐々に増やし、繰り返し服用することによって体を慣らしていくことでアレルギー反応を起こさないように仕向けていき、ダニアレルギーを治癒に導く治療法です。
当院では、ダニアレルギーの舌下免疫療法を行っておりますので、治療をご希望の方は、ご相談ください。